2006年10月27日

Avidemuxを使う

僕がビデオファイルをエンコードするのは、もっぱら、DVD作成用です。
そのやり方ですが、ツールメニューの中の「Auto」をクリックして、「DVD」をクリックします。すると、左端の、Video、Audio、Formatという部分が自動で変わります。
「Format」の部分が「MPEG PS A+V」になりますが、この「MPEG PS」というのは、Wikipediaによると、DVD用のようで、「A+V」は、音声と動画を多重化させるという事のようなので、これでよし。(「A+V」がわかるまで、無音声の動画ファイルを作成してしまっていました…orz)
で、「Video」「Audio」の下のコンボボックスでは、エンコード形式が選択できますが、「Copy」というのはエンコードをせずにそのままの音声・動画を使用するという事らしいです。
その下の「Configure」をクリックすると、選択されたエンコード形式での画質・音質等が設定出来ます。あまり良くわかっていないので、エンコードを試してみて、自分がいいなと思う設定にするのがいいでしょう。
avidemux2_main.png

それで、前の記事で、録画した番組というのが、画面の上と下に黒い部分も一緒に録画されてまして、以前から、この部分を削ぎ落とすソフトって、商用ソフトしかないのかなと思っていたら、このAvidemuxは出来ました。
「Video」の部分の下の「Filters」をクリックして、「Crop」というフィルターを選択します。
スライダーで黒い部分と映像の部分がわかりやすい箇所に持っていって、「AutoCrop」をクリックすると自動で削ぎ落とす部分を検出してくれますが、納得できなければ、上下左右それぞれの設定が手動で出来ますので、それで手直しします。
これで削ぎ落とす量が決められます。緑色の部分が削ぎ落とす予定の部分です。
avidemux2_crop.png

で、カット編集ですが、メインの画面の下のほうにある、AとBというやつで、始点と終点を設定できるので、カットしたい部分を設定して、ツールメニュー「Edit>Cut」すればカット予定になります。ちなみに、画面右端の下の部分に数字と一緒にAとBが表示してありますが、これが始点・終点のフレームのようです。デフォルトでは一番最初と一番最後が選択されています。

全ての編集を終えたら、最後に「保存」をクリックして、保存する場所を選んだら、エンコードが開始されます。
これで完了。

※このやり方では、DVD-VIDEO形式に変換した時に不具合が出てしまいました。
posted by 総帥 at 15:23| Comment(2) | TrackBack(0) | SUSE Linux 10.1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

Avidemux 2.2.0 Preview2のインストール

この間、Windowsであるテレビ番組を録画していまして、それのCMカット等をしたいなと思い、検索して、いろいろ試していました。最初は、ただ単に、カット編集のみが出来ればいいなと思い、そんなソフトを探して使っていましたが、この表題のソフトを発見し、使ってみると、ビデオのエンコード形式がいろいろ選べるのと、オーディオがAC3なんかに直接エンコード出来るので、すごく気に入ってしまいました。
これまで、Windowsでは、有名なTMPGencを使っていましたが、今後はこれかなと。
で、このソフトは、Linuxでも利用可能なようなので(っていうか、もともとそっち側のソフトではないかと)、表題のAvidemux 2.2.0 Preview2をYaSTを使ってインストールしました。
avidemux2.png

で、メインのマシンをSUSE Linux 10.1にアップグレードしていて、テレビ録画するのに、ハードウェアエンコードタイプのキャプチャカードPC-MV51XR/PCIのドライバをインストールしておかなければいけないなと思い、linuxwiki@ぱ研さんからダウンロードして、インストールしておきました。
何か、SUSE Linux 10.1では、このキャプチャカードのドライバ「ivtv」というやつを自動で組み込んでくれていたみたいですが、ファームウェアがないとかいうエラーメッセージとか、カードタイプを間違って設定してしまうみたいだったので、ぱ研さんのを使いました。
まあ、これでも、カードタイプを間違うようなので、「/etc/modprobe.conf.local」に以下を追加しておきました。

alias char-major-81-1 ivtv
options ivtv cardtype=12

これでうまくいきました。

録画を試してから、エンコードを試してみよう。

※ivtvドライバの記事に関しては、おそらく当てになりません。すみません…orz
posted by 総帥 at 13:58| Comment(2) | TrackBack(0) | SUSE Linux 10.1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

VLC media player 0.8.5へのアップグレード

VLC media playerをアップグレードしました。
つい最近知ったのですが、このソフトは、DVD-VIDEO形式のISOイメージを直接開く事が出来るみたいです。やってみるとほんとに出来ました。
これで、mountコマンドによって、いちいちマウントしなくても、内容の確認が出来るようになりました。

VLC0.8.5.png


VideoLANのページ
posted by 総帥 at 06:35| Comment(5) | TrackBack(1) | SUSE Linux 10.1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。