2006年11月11日

WineでTMPGEnc DVD Author 1.6を動かしてみた

DVDのオーサリングには、Windows用の、表題の「TMPGEnc DVD Author 1.6」を使っています。
このソフトは、メニュー作成の自由度が高くて、納得のいくメニューが作成でき、気に入っています。ただし、他のオーサリングソフトは、機能限定版しか使った事がないので、詳しくは知りませんが…。

※なお、最新バージョンは、TMPGEnc DVD Author 2.0のようです。

さて、このソフトは勿論、Windows用です。ですので、Wineを使って、SUSE Linuxで動かしてみました。

Wineの設定に、Winetoolsを使いました。YaSTを使ってインストールしました。この中の「Base setup」を行いました。
winetools_main.png

それで、TMPGEnc DVD Authorを起動してみると、シリアルナンバー?を聞いてきました。シリアルナンバーを入れると起動しました。
多分、Wineのレジストリに値が登録されたという事でしょう。

ですが、文字化けをしていて、おかしいなと思い、これは、Wineのフォントディレクトリに日本語フォントが入ってないからだと思い、「~/.wine/drive_c/windows/fonts」ディレクトリに、日本語フォントをコピーしてから、起動し直しました。
すると、今度は、日本語が表示されて使えそうになりました。
wine_tda.png

で、実際にオーサリングをしてみましたが、出来ました。このソフトは、Wineでも使えそうです。

※僕が使ったTMPGEnc DVD Author 1.6は、Windowsにインストールしてあるやつで、今回は、その実行ファイルをWineで動かしました。

※TMPGEnc DVD Authorを販売している株式会社ペガシスのサイト
posted by 総帥 at 08:00| Comment(4) | TrackBack(0) | SUSE Linux 10.1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

KBFX 0.4.9.2rc3のインストール

KBFXをYaSTを使ってインストールしました。
特に意味はないけど、KDEパネルをWindows風(あくまで風です)にしてみました。KBFXってこんな事が出来るんですね。

↓パネルのみ
panel.png

↓ちなみに僕の現在のデスクトップ
current_desktop1.png
posted by 総帥 at 20:47| Comment(2) | TrackBack(0) | SUSE Linux 10.1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月03日

気になるニュース

マイクロソフトとノベル、Linuxで提携--技術開発や特許で協力

ですって。

それも、僕が愛用している、SUSE Linuxを作っているノベル社ですって。
まあ、この事で、Linuxが使い易くなってくれれば、ユーザーも増えるだろうし、いい事だと思います。
でも、単純に、マイクロソフトにはあんまりメリットがないんじゃないのかなあ、と。
posted by 総帥 at 21:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。