2007年02月03日

OpenDNSを使う

インターネット接続の高速化と安全化をもたらすOpenDNSの記事を見て、早速、自分のネットワーク接続の参照先DNSサーバをOpenDNSに設定しました。

何せ、契約先ISPの提供するDNSサーバのレスポンスがすごく悪くて、以前からフリーで提供しているDNSサーバに変更したいと思っていました。
ですので、上記記事を参考にして、このページを見て、そこに書いてある、アドレスに修正しました。
openSUSEを使っているので、YaSTの「ネットワークデバイス」の「ネットワーク・カード」で変更できました(現在、CATVを使っていて、DHCPによる自動取得の設定ですので)。
ちょっと、省略しますが、「ホスト名とネームサーバ」をクリックして、適宜、OpenDNSのアドレスに変更しました。

今のところ、ISPのレスポンスより快適に見えます。
posted by 総帥 at 07:57| Comment(1) | TrackBack(0) | openSUSE 10.2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。