2008年02月09日

openSUSE 10.3のインストール 

つい何週間か前に僕のPCがお亡くなりになり、金が出来たら新しいPCを買おうと思っていたので、思い切って本体を買いに行きました。
Linuxの3Dデスクトップ環境が気に入っていたので、それに耐えうる、あわよくば、ガンガンイケるハードを買おうと思って、パーツ屋に行きました。
パーツをそれぞれ吟味して買おうとも思いましたが、最近のハード周辺の情報に疎くて、合う合わないがはっきりとはわからないので、全て揃った本体を買う事にしました。
僕の中の最低の原則として、3Dデスクトップ環境がスムーズに再現される(GPUがそこそこ)で、CPUがCore2かAthlon 64 X2、HDDのバスがSATA、OSは入ってなくてもいいけど、Windows Vista Home Premiumを試してみたいかな?という具合でした。
それに見合って、尚且つ、お金も予算内のものがありましたので、それを買いました。

最初は当然、プリインストールのVista Home Premiumを試しましたが、そんなに感動はありませんでした。3Dデスクトップ環境であれば、すでに、Berylで経験していたし…。
まあ、前のPCに取り付けていたハードウェアエンコードタイプのテレビチューナーカードを取り付け、ドライバ等をインストールして使えるようにし、Media Centerを試してみましたが、これはなかなか良かったです。

さて、やはり、何らかのLinuxディストリビューションはインストールしたいなと思い、パーティションの切り分け等してみようと思い(失敗してもWindows入れ直したら良いだけと思い)、gParted Live CDをダウンロードして、使ってみました。
パーティション切り分けは出来ましたが、何故か、果たして、Windowsが立ち上がりません。しょうがないので、PC付属のリカバリCDを使いました。当然、パーティションは元通り…。
パーティション切り分けは諦め、以前のPCからPATAのHDDを取り外して、新しいPCに取り付け直し、そこにopenSUSE 10.3をインストールする事にしました。
openSUSE 10.3については、ニュース等であまり良い評判を聞いてなかったので、どうしようか迷いましたが、それにしました。
VistaとLinuxのデュアルブートに関して、問題がありそうな記事を見ましたが、多分、GRUBをMBRにインストールしても大丈夫そうなので、そうしました。でも、そうしたら、今度は、openSUSEはブートできても、Windowsがブートしなくなりました。この問題(詳細は割愛しますが、おそらく、PATAとSATAの混在によるBIOSのブート順の不具合?)をネットで調べても、そんなに一般的な事象でなさそうでした。
ここからもいろいろな事がありました(割愛)が、新しく買ったPCのBIOSには、一時的なブート先を選択できる機能があるのを見つけ、GRUBをルートパーティションにインストールしてある、openSUSEをインストールしたHDDを選択すると、何と、ブートしました。Windowsのインストール先のHDDは通常優先的にブートするようになっているので、こちらも大丈夫になりました。

openSUSE10.3Desktop01.png

さて、当然、ハードが新しい分、立ち上がりもかなり早くなりました。
ありがとうございました。
posted by 総帥 at 10:29| Comment(41) | TrackBack(2) | openSUSE 10.3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。