2005年09月05日

K3Bについて

Linux、しかも、KDEデスクトップにおいて、CDやDVDの書き込みソフトといえば、K3Bとなる訳ですが、このソフトもなかなか気に入っています。

以前、Windows側で作成した、オーディオCDイメージとして、CUEシートファイルとして保存してあるやつを試しにK3Bで書き込んでみた事があります。
この時は失敗してしまいました。その理由ですが、CUEシートファイルはそのままイメージとして読み込めるのですが、書き込む時に、データCDと認識してしまうようです。
ですので、設定画面の中の、書き込みコマンドのcdrecordのコマンドラインを入力できるところで、書き込み形式をオーディオCDにするオプション(-audioですか?)を設定しなければいけないという事がわかりました。でも、確認はしてないので、本当に出来るかはわかりません…orz

ウィンドウの下部のペインでは、いくつかのプロジェクトが作成できるようにボタンが配置されているのですが、デフォルトでは必要なプロジェクトのボタンがちょっと足りないと思うのですが、そのペインで右クリックで出るメニューの中から任意のプロジェクトをクリックすると、ボタンを増やす事が出来るようです。さっき、試してわかりました。

下の画面が増やしたところです↓
K3B_downerpane.png
posted by 総帥 at 23:01| Comment(3) | TrackBack(1) | SuSE Linux 9.3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月03日

Windows側からLinuxのファイルシステムを読む

僕のSuSE Linux 9.3のインストールされているパーティションのファイルシステムは、Ext3というやつです。まあしかし、SuSEのデフォルトはReiserFSですよね…?
何でExt3かというと、深い意味はありません…orz
これまで、Red Hat LinuxやFedora等をインストールしてきたので、そのデフォルトのファイルシステムがExt3だという事と、何か名前が好きなんです。単純に…。
それだけ……_| ̄|○
でも、SuSEの場合、デフォルトのReiserFSにしといた方が良い事が多そうですけど…。

という訳で、僕はWindowsとデュアルブートにしてあるので、Windows側からでもExt3の中身が見られたらなという事で、以前、Explore2FSというソフトを試してみました。
起動させると、右側のペインにExt3のパーティションが表れるので、それぞれをクリックすると中身が見られます。
このソフトを使ってファイルを開くには、目的のファイルで「右クリック>Export file」で、保存先を指定して、それから開くという事になりますね。

僕は、SuSE Linux上でも結構、日本語のファイル名を付けたりしているのですが、このソフトでは文字化けしてしまいます。このサイトには、バージョン1.08でUnicode UTF-8対応とか書いてあるので、それがリリースされるともしかすると、文字化けは解消されるかもしれません。
っと、サイトを良く見ると、そのベータ版がアップロードしてあるようでした。

explore2fs.gif
posted by 総帥 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | SuSE Linux 9.3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

コードレスマウス

今日、Logicoolの「Cordless Mouse WM-50WH」を購入してきました。SuSE Linuxで使えるんだろうか?と心配しながら…。

まず、ウィンドウズ側で試してみました。
当然、ドライバを入れなければ全くポインタが動いてくれませんでしたので、付属のCD-ROMをドライブに挿入して、画面の指示通りにインストールすると、動くようになりました。

次に、問題のSuSE Linux 9.3を起動して試してみましたが、何の設定もなく動いてくれました。KDEのデスクトップが表れてから、「ハードウェア報告」というメッセージが出ました。これで、適切にドライバを組み込んでくれたようです。

いやあ、良かった。
posted by 総帥 at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | SuSE Linux 9.3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

ログイン時のテーマを変更する

デフォルトのログイン時のテーマがあまり好きではないので、変更してみます。
KDE-Look.orgへ行って、左側の「content」部の中の「KDM theme」をクリックして表示させます。いくつかのテーマがアップされています。僕はこのテーマの作成方法を知りませんが…orz
この内、僕は「BlueTheme KDM Theme」をダウンロードしてみました。
21124-1.jpg

おそらく、rootでなければ出来ないと思うので、「Kメニュー>システム>ファイル管理>ファイルマネージャ - スーパーユーザーモード」をクリックして、rootのパスワードを入力します。
このスーパーユーザーモードのKonquerorを使って、ダウンロードしたディレクトリに行き、ダウンロードしたファイルをクリックしてみます。このファイルは圧縮ファイルになっているのでこれをクリックすると、解凍のプレビューになるようです。出て来たディレクトリ(今回は「BlueTheme」です)を右クリックで「コピー」しときます。

次に、「/opt/kde3/share/apps/kdm/themes」ディレクトリに移動し、そこに「貼り付け」しておきます。

次に、「/etc/opt/kde3/share/config/kdm」ディレクトリに移動し、その中の「kdmrc」ファイルを編集します。
このファイルの中の、「UseTheme」の行が「UseTheme=true」になっているのを確認して、「Theme」の行を次のようにします。
Theme=/opt/kde3/share/apps/kdm/themes/BlueTheme
※つまり、この行で先ほど解凍したディレクトリを指定してやるという事です。

こうしておいて、「Kメニュー>ログアウト...>現在のセッションを終了」でログアウトして、確認してみると、ちゃんと変更されていました。

ちなみに、このKDE-Look.orgはそれ以外にも壁紙やいろんなものがアップされているので僕は良く利用しています。
posted by 総帥 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | SuSE Linux 9.3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月14日

OpenSUSE.org

このようなサイトが出来ていたようです。これは、Red Hatにおける、Fedoraのような位置づけのようです。
SuSE Linux 10.0ベータ版もあるようです。

↓リンク先
OpenSUSE.org
posted by 総帥 at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | SuSE Linux 9.3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

Kaffeine Player 0.7へアップグレード

PackMan.Links2Linux.deのサイトには、SuSE Linuxにインストールできるrpmパッケージがダウンロードできるようになっていますが、トップページで「Multimedia」のところに「Update!」マークが付いていたので見てみると、Kaffeineがアップデートされていました。
僕はビデオプレーヤーとしてはこのkaffeineもお気に入りの一つです。しかし、以前、SuSE Linux 9.2を試している時にkaffeineをアップグレードしてみたのですが、その時、何かおかしくなった記憶があるので、ちょっと怖かったのですが、思い切って、アップグレードしてみようと。

なので、rpmパッケージをダウンロードして、ダウンロードしたディレクトリをkonquerorで開き、そのrpmパッケージを右クリックして、メニューの中から「動作>Install with YaST」をクリックしてインストールしました。KDEのrpmパッケージツールKPackageでもいいのですが、これもおかしくなった経験があるので、インストールは全てYaSTにするようにしています。依存関係にあるそれぞれのrpmパッケージも自動でインストールしてくれ、kaffeineはインストール完了しました。

下は、Kaffeine Player 0.7の「Go!タブ」を開いたところです。
kaffeine0.7.png

ちなみに、このkaffeineは何度か使っているうちに動画の映像が表示されなくなる事がありますが、それはメモリ内にすでにkaffeineが存在している場合が多い(つまり、正常にメモリから開放されないで残っている)です。
この新バージョンで改善されたかはまだ未確認ですが、そうなった場合、「Kメニュー」の中の「システム>モニタ>KDEシステムガード」を起動して、「プロセステーブル」タブをクリックすると、今起動中のプロセスが出てくるので、この中からkaffeineを選択し、「強制終了」ボタンをクリックし、強制終了させた後に、kaffeineを起動します。
kSysGuard.png
posted by 総帥 at 06:17| Comment(0) | TrackBack(0) | SuSE Linux 9.3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月26日

KNewsTickerのニュースソースにウィキニュースを追加

2005年7月14日にウィキニュース日本語版が開始されたという事でした。
普段からウィキペディア日本語版をよく使って参考にしていて、ついこないだから、ウィキニュースが開始されたという文章が見えていたので、今さっき思い出して、RSSフィードがあるだろうと決めつけて、ウィキニュースを見てみたら、思った通りありました。

ですので、KNewsTickerの設定で、ニュースソースにそのRSSフィードを追加し、また、いつものように、favicon.icoも指定して、完了です。

この一連のウィキメディアプロジェクトには大変お世話になっていて、有り難い限りです。ですが、僕が記事で貢献できそうな事は今はありません。
posted by 総帥 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | SuSE Linux 9.3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

KDEのアップデートを試してみる

SuSEのftpサイトのミラーである、ftp.riken.jpの中の/Linux/suse/suse/i386/supplementary/KDE/update_for_9.3/yast-source/ディレクトリをYaSTの「インストールのソースを変更する」で指定してみます。下図。

kde3.4_update.png

そして、「ソフトウェアのインストール/削除」をやってみると、何か止まったような感じがしたので、CTRL+ALT+ESCを押して、アイコンをドクロマークにして、ウィンドウ閉じるマークをクリックして、強制的に終了させました。
これまでの経験からして、「インストールのソースを変更する」で、サーバfrp.riken.jpのプロトコルをftpからhttpに変更してみました。実は、ftp.riken.jpはhttpも対応しています(この表現が正しいかわかりませんが…)。

そしてまた、「ソフトウェアのインストール/削除」を実行すると、今度は止まらなかったので、試しに、kde3-i18n-ja-3.4.1-3.noarch.rpmをインストールしてみました。まあ、インストールされているKDEのバージョンとはバージョン番号が違いますが、エラーにならないし、まあ、テストなんで…。

実は、こうやって、アップデートをして行って、取り返しがつかないようになった経験が何度かあるので、ちょっと慎重になっていて、インストールしても深刻になりそうもない、kde3-i18n-ja-3.4.1-3.noarch.rpmを選択しました。でも、またいずれ、何らかのソフトをアップデートしてみたくなるのが人情ってもんです。

そして、セッションを終了してからログインし直すと、今まで日本語になっていなかったKDEのいろいろな文字が日本語になっていました。
posted by 総帥 at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | SuSE Linux 9.3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月11日

KNewsTickerを使う

読兎さんのページから、提供してくださっているRSSを使って、KDEのパネルアプレットとしてのKNewsTickerを使ってニュースを表示しました。
例えば、YOMIURI ON-LINEのニュースを追加しました。
で、このKNewsTickerは、流れるニュースの先頭にアイコンを付ける事が出来るのですが、これは、そのサイトのルート直下のfavicon.icoというアイコンファイルを指定してやると出て来ます。勿論、そのサイトがfavicon.icoをアップしてないと無理ですが…。

フォントの大きさやスクロールの速さなどを自分好みにして表示させます。ちなみに、オリジナルフォント【みかちゃん】さんのフォントを使わせてもらいました。手書きフォント、いいですね。

で、下の画像は、Sankei Webのスポーツニュースを表示させてみたところです。
knewsticker.png
posted by 総帥 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(1) | SuSE Linux 9.3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月09日

録画用TVキャプチャカードの設定

僕が2枚目のキャプチャカードとして挿しているカードは、PC-MV51XR/PCIというBUFFALO製のキャプチャカードです。
また、ぱ研さんのホームページに行って、CX23416GYC-STVLPの解析というページからivtvドライバをダウンロードさせて頂きました。まあ、CX23416GYC-STVLPというカードの為のドライバな訳ですが、実は僕のキャプチャカードでも使えます。という事は実際ハードとしてはほとんど一緒か全く同じものなんでしょうね。詳しい事は良くわかってないです…orz
ここから、ivtv-0.2.0-rc3e-paken.050125.tar.gzというファイルをダウンロードさせて頂きました。これを解凍して、中のdocディレクトリの中にJapaneseというディレクトリがあるので、この中のreadme_first_ja_EUC.txtを見てみます。
システムのロケールがutf8なので、そのままでは文字化けしてしまうので、KWrireを起動してファイルを読み込ませて、メニューの「ツール」>「Encoding」>で「eucjp」を選択します。この中に僕のキャプチャカードも使える旨が書いてありました。
書いてある通り、driverディレクトリに移ります。Konquerorで表示させているのですが、このディレクトリ上で右クリックしてメニューを出して、この中の「動作」>「ここでターミナルを開く」をクリックします。このやり方が一番早いと思うので。
そして、makeをしたのですが、何かエラーメッセージが出てきました。メッセージで表示されているディレクトリがカーネル関係のディレクトリなので、「ああ、そうだった。カーネルソースをインストールしてなかった」と思いだし、YaSTでカーネルソースをインストールしました。それでも何かエラーメッセージが出たのですが、以前インストールした時もそんな事があったので、ぱ研さんのページでどなたかの発言を見てみると、SuSEでインストールされた方の発言の中に「videodev2.h」の問題を書いて下さっています。思い出しました。utilsディレクトリに移動して、videodev2.hをdriverディレクトリにコピーしてもう一度makeしてみました。また何かのメッセージが出てきましたが、無視しても良さそうなので、suでrootになって、make installを実行しました。
で、depmod -aをしなさいと書いてあるので実行してから、ファームウェアのインストールをしました(割愛)。

次に、ドライバのロードですが、tuner番号の部分は、SuSE Linux 9.3ではこの場合44のようなので、
#modprobe ivtv tuner=44
で、確認ですが、僕のPCの場合キャプチャカードは2枚目であるので、
cat /dev/vidoe1 > ~/test.mpg
として確認してみると、ちゃんと砂嵐が録画できました。

さて、このままでは次回起動時は自動でドライバをロードしてくれません。SuSE Linux 9.3の場合、/etc/modprobe.conf.localというファイルに以下を追加します。すでにbttvドライバが1枚目のカードで認識してくれているので、2枚目のカードはこれだけです。
alias char-major-81-1 ivtv
options ivtv tuner=44 cardtype=9

modprobeした時はtuner番号しか指定しませんでした。readme_first_ja_EUC.txtに書いてあったと思いますが、cardtypeは自動検出してくれるようなので指定は不要です。ですが、以前、SuSE Linux 9.2にインストールした時、起動時の自動検出では違うタイプが検出されるみたいで、指定する必要がありました。ですので、9.3でもやっときます。9.3で自動検出が失敗するかは確認してません。

これで自動でロードされるので、あとは録画用コマンドですが、utilsディレクトリの中にあるptune.plとrecord-v4l2.plを使います。っていうか、僕は録画予約だけなので、後者しか使いませんが…。
この二つのファイルを使いやすいように~/binディレクトリにコピーしておきました。ptune.plでチャンネルが変えられるか確認してみましたが、うまくいきました。

それで、録画用のシェルスクリプトを作っておきます。例えば、VideoRecording.shとして、以下のように記述しておきます。録画チャンネルが1チャンネルで、30秒録画です。
#!/bin/sh
perl ~/bin/record-v4l2.pl --channel 1 -t 30

そして、atコマンドで時間を指定して、ファイルにVideoRecording.shを指定しておけば録画予約が完了です。
これからは、VideoRecording.shをエディタで開いて、チャンネルと録画秒数を修正して、atコマンドで時間を指定すれば、これだけで録画予約が完了です。

ありがとうございます、ivtvドライバ作成の関係者様。
posted by 総帥 at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | SuSE Linux 9.3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。